忍者ブログ

HIGH UP!

数年前から今、将来に向かっていく私の日常記。
MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GENZOⅡ

20090117

今回から fisheye 2 の写真は 430 × 345 ピクセルでアップロードします。今までの余分な黒枠部分をカットしてリサイズしたものになります。ひとつの容量が増えてしまいますが、ご理解くださいますようよろしくお願いします。

今後の各カメラのアップロード画像解像度
fisheye 2 -> 430 * 345
D60 -> 425 * 285
KD-410Z -> 400 * 300

PR

GENZO

20090116

先日の江ノ島・短期集中逃避行ツーのときのフィルムが現像から戻ってきた。
現像後、SDカードに保存しようとしたらプリント機が突然のフリーズ。正確にはフリーズではなく、ソフトウェアが動かなくなった感じ。強制終了して、ブレーカー落として、再起動して・・・って、他のお客さんに迷惑かけてしまった。お店の方、ゴメンナサイ。ちなみに、もう一度お願いしたらまたフリーズした(苦笑)

仕方がないので、片方だけ奇跡的にSDカードに入ったのでそこで妥協。ただ、本当に欲しかった方のネガ分はSDカードに入れられなかった。うぅぅぅぅうぅぅぅ・・・それが一番上の写真。なんか良さ気でしょ?このデータが欲しかったのにぃぃぃぃ!!

日中リベンジ

20090110

地球は丸い。真上を撮影して丸く地球を表現したかったんだけど、いつも通り「予想以上の魚眼さ」に負けて下のほうに電柱らしき影が入ってしまいました・・・ぁぁぁぁぁぁ。。。

トイカメラ

20090110

トイカメラといえば昨年中ごろから年末にかけて(?)一斉風靡した手軽に使えるカメラと私は理解しております。「トイ」というほどなので、おもちゃ感覚で使えるし値段も本格的な一眼レフほど高価じゃない。魅力ですよね。

ところで、最近 VQ とかいうトイデジカメ(?)が流行っているようですね。相互リンクさせていただいているサイトの管理者様もちらほらご購入になり、使われているようです。私もちょっと前にお得意のヴィレヴァンで見かけてから気になっているのですが、どうなんでしょうね?あのトイデジ(仮称)。

普通のデジカメでもトイカメラ風に加工できるのをご存知でしょうか。最近のデジカメは ISO の値の設定が出来るのですが、その設定を数字の一番大きいもの(ISO1600など)に設定し、露出補正も若干明るめに設定を行い撮影を行います。そうすると、撮影された写真の粒子が荒れるわけですよ。えぇ。
そのままでもいいし、パソコンに取り込んで一工夫してもいいと思います。一番上の写真はJTrim(ジェイトリム)というフリーの画像編集ソフトでコントラスト・明るさを強調してあります。

・・・って、ここまで書いてから言うのもなんだけど一番上の写真ってそんなにトイカメラっぽくないよね(笑)

いつしかリトルカブログのボニさんがポラロイド風に写る ISO の設定方法などを日記で書かれていたと思ったのですが、情報量の多さに探すのを挫折しました。気になる方はご自身でお調べくださいね。

ところで、私の fisheye 2 には後々イルフォードのモノクロフィルムを使いたいのですが神奈川県下で安く売っているお店をご存知の方いらっしゃいませんかね??それまでは富士フィルムのナチュラ1600でも使ってみようかなぁ。

試撮

20090108
▲ fisheye 2
△ Kodac SUPERGOLD 400
△ ISO400 : 4-5sec


今日は、昨日ジャーキーよりいただいた fisheye 2 の試し撮りを行いました。やっぱり、さすがの170度の超魚眼レンズ。物凄いフィッシュアイぶりです(笑)
ISO(ASA)400を推奨しているのでフィルムはコダックの SUPERGOLD400 。選んだポイントは ISO と単価。一本あたりの値段が安い。それで、街へ繰り出して撮影を試みました。

まず、シャッタースピードをノーマル(N)の 1/100 に設定。室内(十分な蛍光灯照明有)で撮影したのですが、フラッシュを使わないと上手く写らないことが判明。
次にフラッシュ撮影。説明書どおり、1メートル以内に近づいて撮影すると、レンズの影が被写体にかかってしまう。じゃなくても、近すぎるとフラッシュのせいで色が飛んでしまう。反対に遠いとフラッシュとどかない。難しい。
屋外での撮影はシャッタースピードモードをマニュアルのBにセット。それで撮影したのが一番上の画像。おおよそ4~5秒開けっ放しにしてちょうどいい感じ。これは、デジイチの成果かな?「おおよそこんなもん?」と思って撮影したらバッチリでした。

総評として、
・ ISO400だと少し役者不足?(快晴の屋外を除く)
・ 無駄な装備がないので超軽量で持ち運びやすい
・ 思っていたよりも写りが良くてビックリ
・ 魚眼レンズの扱い難さは格別(笑)
・ デジカメになれた私には、「本当に撮れているか!?」という不安がついてまわる
こんな感じ?24枚撮りフィルム全部フィッシュアイで撮影するのは大変かもしれないので12枚撮りフィルムを利用するといいかも。ホルガなんかは後付で魚眼に出来るけど、あれよりも更にフィッシュアイ。だけど、通常撮影も出来るホルガの方が扱いやすいかもしれませんね。

でもね、こういうカメラが一台あると超楽しいわけですよ(笑) 大切にしよう!サンク(・∀・)

20090108

× CLOSE

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コメント

プロフィール

瀬田 タツロゥ(CUBLABO
「 なんだかんだで幸せな人間 」


*相棒
 北島カブロウ(初代)
 - Supercub50Street.
  '06/04 ~ '08/11盗難
 エルメス
 - EstrellaRS.
  '08/11 ~ '09/10
 アル
 - Xelvis.
  '09/10 ~
 北島カブロウ(二代目)
 - Supercub90DX
  '10/06 ~


*連絡先
 http://supercub.uijin.com/
 nazonoseta(a)hotmail.com

バーコード

カウンター

ブログ内検索

本館へ戻る

× CLOSE

Copyright © HIGH UP! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]