忍者ブログ

HIGH UP!

数年前から今、将来に向かっていく私の日常記。
MENU

バーエンド論

20090106

ぱっと見、ものすごい角度に曲がっているコンドルハンドルも、実はとっても乗りやすい良いハンドルなのです。

ちなみに、一口にコンドルハンドルといっても小排気量車向けと大排気量車向けなどの種類があるそうですよ。私が装備させたのはその大きいほう。バイツさんが相棒のナゴミ号に装備させているのが小さいタイプだったはずです。カブロウにエルメスに装備させた大きいコンドルハンドルを装備させたことがあったのですが、カブには大きすぎる印象がやはりありました。横幅が広い分、グリップエンドが絞り角の関係でハンドルクランプ位置よりもだいぶ手前にくるのでハンドルとシートの位置がかなり近くなってしまうためです。
しかしながら、クオーターバイクのエルメスからすればちょうど良いのです。純正ハンドルに比べてグリップエンドは低い変わりに、手前にグリップが来るのでハンドルにダイレクトに力を入れられる感覚。絞り角もちょうど良く、ブレーキしたときにハンドルに逃げる自分の体重もうまく逃げているのか、とても止まりやすい。ちなみに、攻めやすくもなりました。

20090106

真正面から見るとハンドルの形が良く分かりますよね。

普通に見る分には格好良いと思うのですが、実際にはどうなのでしょう?やっぱりクラシックっぽさが減ったのかな?でも、コンドルをそう言ったらカフェレーサーなんかで使われるセパハンなんかもクラシックっぽさなくなるよなぁ。まぁ、自分の中ではセーフなので良しとしましょうっ!!

一昨日の日記「上昇中!!」を見て、ふと、昔の記憶がよみがえる。・・・「カスタム熱上昇中」という記事。この記事を書いた数時間後にカブロウ拉致事件発生(笑) しばらくエルメスも気をつけよう。

ところで、先日ナップス行った時にグリップエンド以外にも買い物をしました。ってか、グリップエンドの話もしていませんでしたね。。

金欠の私は、ゼロ円カスタムということで部屋に眠っていたコンドルハンドルを急遽装備させたわけです。なのでグリップエンドも純正ハンドルから流用しようと考えていたのですが、ネジが硬すぎて回らずに断念。ナップスで POSH Faith 社製の NASA タイプバーエンド(アルミ製:¥1,890)を装備させました。しかし、このバーエンド思っていたよりも軽量で、70km/hを超えるとハンドルがブッルブル震えます(笑) まぁ、シングルならではの楽しさといえばそれまでですが、純正ハンドルはそうじゃなかった・・・純正ハンドルのバーエンドをどうしても流用したい今日この頃です。

・・・で、バーエンド以外にも買い物。まずはプラグ。 NGK 社製 DR9EIX 。分かる人は分かると思いますが、これはイリジウムプラグ。純正プラグ数本買えるお値段。まぁ、それなりにパワーアップ。始動性は・・・って感じ?(笑)
それと、〝ジャーキー用〟と人に罪をなすりつけたパーツをひとつ。名目上は「タンデムしたときのスカートなどの後輪への巻き込み防止用品」ですが、実際はただのサドルバッグサポート。キジマ製。正月特価15%オフという文字に負けた・・・今思えば素直にリアキャリアを買えばよかったと反省しているとか、していないとか、しているとか。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント

[01/09 よっ]
[01/04 ススム]
[11/27 Soogie]
[11/07 Soogie]
[10/23 バイツ]

プロフィール

瀬田 タツロゥ(CUBLABO
「 なんだかんだで幸せな人間 」


*相棒
 北島カブロウ(初代)
 - Supercub50Street.
  '06/04 ~ '08/11盗難
 エルメス
 - EstrellaRS.
  '08/11 ~ '09/10
 アル
 - Xelvis.
  '09/10 ~
 北島カブロウ(二代目)
 - Supercub90DX
  '10/06 ~


*連絡先
 http://supercub.uijin.com/
 nazonoseta(a)hotmail.com

バーコード

カウンター

ブログ内検索

本館へ戻る

× CLOSE

Copyright © HIGH UP! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]